返済できない借金を放置するとどうなる?

返済できない借金を放置するとどうなる?

借金はこうして増えた


はじめてキャッシングを利用したときは、借りた金額も10万円と少なく、簡単に返済できると思っていました。
実際、10万円の返済は2ヶ月で終了したのですが、返済直後に再び10万円を借りてしまいました。
その後も数ヶ月で完済するというサイクルを繰り返していたのですが、やがて限度額が20万円、50万円、100万円と増額されていったのです。
業者側が電話連絡をしてきて、一方的に増額の話をして枠を大きくしたのです。
100万円も借りられるとなると、やはり使いたくなってしまうのが人間でしょう。
そうして、あっという間に借入額は100万円になってしまったのです。

借金を放置するほど大変なことに


借金が10万円のころは簡単に返済できていましたが、100万円となるとそうはいきません。
金額が金額なので利息は大きいですし、5年以上返済してもほとんど元金が減らないのです。
それもそのはず、借りた直後に借りるというサイクルを繰り返していたので、減るはずもなかったのです。
このままでは行き詰まると思った僕は、はじめて本格的にシミュレーションをすることになり、そこで返済が不可能だと気づきました。

このままでは返済できないと思い


返済できないとわかったら、もはや法律の力を借りるしかありません。
今までどおり返済を続けていても、永久に完済できないことがわかったのです。
それどころか、借金はますます増えていくだけなのです。
お金の返済というのは計画通りに行くものではなく、予想外の出費がかかって返済額が少なくなってしまうこともあります。
自分が考えているほど、計画返済は簡単ではないと思いました。

勇気を出して債務整理を依頼した


弁護士事務所では、借金の無料相談をしていました。
相談だけなら1円もかからないということで、債務整理の相談することにしたのです。
そして、その相談が借金解決の秘訣となりました。
弁護士は僕の借金を簡単に整理できると言ったのです。
グレーゾーン金利で借りていたので、過払い金を取り戻せることになったのです。
この金額が思いのほか大きく、120万円の借金はすべてゼロになりました。